Curry!India!Drums!の民。

ドラマー(ノービター/楽)のイケシタ ソウイチロウによる、カリーとインドとドラム世界。

Drummer図鑑 No.3 〜加藤 茶 (Cha Kato)〜

f:id:SoichiroIkeshita:20161030154039j:image

 今回のDrummer図鑑は国民的コメディアンの

加藤 茶(Cha Kato)さん

です。

f:id:SoichiroIkeshita:20161030174804j:image

誰もが知るザ・ドリフターズのドラムス担当です。(1962年加入)

f:id:SoichiroIkeshita:20161031211948j:plain

ドラムのイメージは少ないかもしれませんが、言わずと知れたドラムの名手です。

 

ザ・ドリフターズ〉は1956年にバンドとして結成され幾多のメンバーチェンジを繰り返しながらコミックバンドへと変化し、最終的に大人気コントグループとなりました。

1966年のビートルズ武道館公演の前座を務めたことでも有名になりましたね。

 

ハゲズラと丸メガネがとちょびヒゲがトレードマークのカトちゃん。

f:id:SoichiroIkeshita:20161031205304p:plain

日本中を席巻した持ちギャグの数々!

・「痛いの痛いの飛んでけー」(※カトちゃん発祥)

・「1、2、3、4、やったぜ加トちゃん! ぐるりと回ってウ○コチ○チ○!」

・「カトちゃんペッ!」

・「ちょっとだけよ~あんたも好きねぇ」

・「ひっっきし!!(くしゃみ)」

・「どうもすんずれいしましたー」

などなど。これらを生み出し、志村けんさとの絶妙なコンビでヒゲダンスも披露しましたね!

ポップであっけらかんな笑いが最高です

そんなカトちゃんがドラムをたたいている姿は貴重になりましたが、今もyoutubeに残っています。

バディ・リッチを彷彿とさせる素晴らしい腕前!!


加藤茶

かっこいいザ・ドリフターズ! そしておもしろい♪


ドリフのミュージック・ジャンボリー 四季の歌

この映像のドラムセットのシングルヘッドタムがかっこよくて、僕もシングルヘッドタムを買ってしまいました。カトちゃんの影響力の強さ(笑)

 

そんな加藤さんは、もともとドラム奏者ではなくトロンボーン奏者を目指していたそう。ダンスバンドの付き人をして生活していましたが、マネージャーと喧嘩をしてクビに。その後、先輩ドラマーから捨てておいてと言われたスティックを捨てずに練習に使うなどして、ドラマーになります。そのまま入ったバンドの中には、後にザ・ドリフターズに加入する仲本工事さんがいました・・・続く(笑)

 

ザ・ドリフターズにドラムという楽器を通じて加入したカトちゃん。

音楽とはまた違うコメディの世界でもいかんなく才能を発揮されたカトちゃんは偉大♪

これからも末永くドラムを叩いてください!

f:id:SoichiroIkeshita:20161031212107j:plain